ふろしきハンドオンラインショップはこちらです

サンドペグ

 砂浜アンカーが商品化を完了し発売開始となりましたので、原理と特長についての詳細を情報公開します。20070722141415.JPG
〔仕様〕
 アンカー力: 20kg/本以上
 材質・寸法: V型アルミ合金ペグ
        22cm長、ナイロンロープ付
 打込ロッド:
    1.2cmΦ×15cmL亜鉛メッキ
 商品パッケージ内容:
    アンカー4本、打込ロッド1本、取説
    PVC袋入り




〔砂浜アンカー適用例〕
このアンカーでテントやタープがサラサラな砂浜で張れるようになりました。携帯テント『木かげくん』を実際に砂浜で張ってみました。

20070722141448.JPG


         母と娘                  砂浜で昼寝20070722141521.JPG
20070722141601.JPG












〔原理〕20070722132756.JPG   従来のアンカー          砂浜用アンカー
20070722132723.JPG

地上のアンカーヘッド部に紐を固定   アンカー紐の接続点をモーメント
するため、モーメントが働き、アンカ   が発生しない中央部に異動し、
ーが力の方向に傾き抜ける。        更に約5cm程度砂中に打込む
砂浜では、アンカー力をキープでき    ことにより、従来の使い方に比べ
なかった。                   10倍近いアンカー力をキープ
                          きることが判りました。
20070722132935.JPG
これにより比較的大型のテントやタープ
でも砂浜で設営できるようになりました


右のグラフは従来アンカーと砂浜アンカ
ーのアンカー力比較テストを行った結果
を示しています。
 砂浜アンカーは20kg/本以上の力に
対応できることが分かります。





〔使い方〕
      打込み時               引抜き時20070722132838.JPG20070722132816.JPG








打込みロッドを用いてペグアンカーを
砂中約5cm程度のところへ打込む。
その後、ペグアンカーに接続されてい
る紐の輪Aにテントの紐を括りつけま
す。
抜くときは、輪Bを持って垂直に引き上げれば、ペグの角度が引っ張り方向に向き簡単に抜けます。
ショップに戻る

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

製造スタッフ

風呂敷がブームになった数年前、NHKテレビの風呂敷特集を見ながら
“ふろしきをおしゃれに持ちたい”とふっと閃いた風呂敷ハンド。
それから仲間を募り、あーでもない!こーでもない!と話し合い夢をふくらませてきました。
色塗りから、穴あけ、縫いまですべて手作りで、イタリアのブランド革製品の美しさを目指そうと頑張っています。

作業風景                   手縫い
20090131105823817.jpg200901311056311746.jpg












  私たちがつくっています!
20080424232340.JPG
毎週火曜日集まって、色塗り作業とミーティングをおこなっています。
今日は春の心地よい光に誘われて野外ミーティングにしました。
社長の厳しい仕上がり検査はドキドキですが、喜んで使ってくださっているお客様を想像しながら楽しく作っています。

左から沖原・戸川・楢原・佐々木・井上(中央が考案者)



 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

コナラ林の新緑が眩しい尾根道は最高の気分でした

新緑の眩しい5月、以前より気になっていた小五郎山(1162m)に登りました。
廿日市、吉和を経て国道434号線を寂地峡に向けて下り、寂地峡入り口を通り過ぎて平家落人伝説のある高根の里へ、山に囲まれた自然豊かな隠れ里の雰囲気の残る村に到着。そこに登山口があり、0930分登り始めました。

厳しい山と聞いていたので、急登を覚悟していたが、登り始めは杉の植林帯のなだらかな道、しばらく歩くと急勾配にはなったものの、思っていたほどのことも無く、楽に登ることができました。

20070607112452.JPG登り始めて1時間、なだらかな尾根道に到着。

      コナラ林

新緑の美しいコナラ林と、時に視界が開けて、羅漢、鬼ガ城、寂地、安蔵寺など中国山系を代表する1000m超級山々が木立の間から見え隠れする、雰囲気のある尾根道。

20070607112512.JPG










20070607113324.JPG
       羅漢山(1109m)

平たい山頂に点のように建物が見えるのが羅漢山です。




20070607112656.JPG       ブナ
一般的には、コナラ林の中に点々とブナの木が混じりそのうちブナ林が現れるのですが、この山は8合目辺りまでぶなの木を一本も見ませんでした。8合目で初めて出会う、それも若木を数本見かけただけ

                     ブナにイヌブナとシロブナの2種類あるの
                     を知っていますか?これは幹に横ジワが
                                                あるのでシロブナ。花が咲いていました。
                                                ブナの寿命は200年〜300年、生まれて
                     40歳になるまで実がならずひたすら成長
                      するそうです。100歳でやっと大人。
                      このブナは100歳くらいかな?

20070607112750.JPGこの山はその昔、びっしりと熊笹に覆われ人が寄り付けない山で、それがあるとき一旦全部枯れて登山道も整備され人が沢山訪れる山になったとか。

この写真は熊笹の花です。
今まで熊笹の花を見た記憶が無いのですが、熊笹という熊笹にびっしり花が付いていました。竹は花が咲くと枯れるとい
                    います。また枯れるのではないかと心配。



20070607112426.JPG
山頂への最後の登りに差し掛かったとき後ろを振り向くと今まで歩いてきた尾根道の森とその後にある連山が見渡せて爽快な景色でした。



20070607112819.JPG

1120山頂到着。
山頂で木かげくんを設営。弁当を食べて周囲の景色を楽しんで下山しました。






20070607112713.JPG
山頂より安装蔵寺山を望む




新緑の眩しい光を浴びながらさわやかな森林浴を楽しんだ登山でした。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています